「いい出会いがないんです」という人の本心。【良縁祈願】

今日は、男女の出会いの話をしますね。どれほど加齢しても「1人より2人がイイ!」と思うのはフツ~の感情だと思うのね。

 

結婚し何かの理由で離婚しても自分の気持ちの中でほとぼりが冷めてくると、「何か2人の方が寂しくないし、きれいな景色を誰かと一緒に感動・共感したいな~」と思い始めるのもフツ~に人情だとカノンは思うのね。

 

仕事一筋でこれまでずうっとシングルで来たとしても、あるときふっと「もう一人隣にホッとできるヒトが隣にいたらな~」と思ってもおかしくないよね・・・むしろソレって自然じゃないの?

 

仕事人間で人生してきたカノンだって、これまで夢想妄想しまくりだったからね(笑)「この場面でパートナーや恋人がいたらな~!」って何度思ったか知れないもんね!

 

ところがコレがどうも本音ではなかったので、実現には至らなかったの。

 

自分の都合だけで、この場面でいてくれてあれもこれもして欲しいんだよね~とか、この美味しい料理を一緒に食べてくれて「一緒に美味しいね!」って言って欲しい・とか、その時以外はいなくていい、イヤむしろ邪魔かも~! なんてムシのいい願いだったのね!

 

それじゃあ、神さまだって相手に悪いとお思いになって助けてもらえなかった、あたりまえよね。

 

「私にはイイ出会いがないのはナゼ?」と、お思いのあなた

 

ソレ本心ですか?

 

本心だったら天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)に迷いを断ち切ってもらって、猿田彦神(サルタヒコノカミ)に頼んで自分に合うパートナーに巡り合い新しい恋愛を始めなきゃ!ね。

 

そして巡り合ったソノ人に自分の考えや想いを上手に伝えられるように、あるいは分かり合えるように木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)に助けてもらいましょう。

 

その後は蛭子大神(ヒルコオオカミ)に恋人やそのパートナーに愛されるように守ってもらうんです。

 

そして、もしそのパートナーと結婚したいと思うようになったら本音が言えて分かり合えるという最高の夫婦円満が叶うように、天宇受賣命(アメノウズメノミコト)に日々守っていただくのが大切です。

 

「ええ~っ、こんなにたくさんの神さまに頼まなくっちゃいけないの?」って思いました?

 

そうなの、“究極のお作法”#3でお話ししてるように神さまにはそれぞれ役割があって役割以外のことをお願いすると逃げ出されてしまうのね。

 

なのでピタッと当てはまった神さまにお願いするのが礼儀だし、神さまにも愛され続けるあなたになれます。

 

私たちって1人よりも2人がイイ! 風に創られているんですよ~。

 

なので本音でイイ出会いが欲しい時、その人が自分の好みではないとしても、もしかして神さまが授けてくれた人かもしれないよね。

 

最初からドキドキときめかなくても、何回も会って相手のいいところを見つけていくような出会いが最高なんですよ!

 

「あ、この人は好みではない!」って決めつけていませんでした?

 

人として少しでも好感がもてたら、恋愛や結婚なんてことは関係なく連絡を取ってみたらいいのよ。

 

「楽しいか楽しくないか」を基準にね!

 

楽しい! ホッとする! と思ったらそれってイイ出会いなのよ~。最初からウキウキワクワクするとテンション上がりすぎて途中から疲れちゃうかも。

 

ぜひぜひ開運して出会いを花開かせてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました! 今日も食事の神さまに愛されますように!!

 

“究極のお作法”を保存されてない方はこちらからどうぞ▼

心と体が、健康、且つキレイになって、
あなたにとっての「幸運」を
次々と惹き寄せる“魔法”がここにあります。